INFOMATION
マクロビオティックの理論
マクロビオティックの独学のポイント
マクロビオティック実践法
マクロビオティックQ&A

マクロビオティックを学ぼう!

マクロビオティックの独学のポイント

実践のコツ

マクロビオティックを受けるにあたっての実践のこつというものはあるのでしょうか。まず、理論と実践は両論ということだということを覚えておくようにしましょう。基本的にはどちらが欠けても危険なものになります。

まずは、マクロビオティックを実践するときには、最低限の知識は抑えておくようにしましょう。独学においては、パートナーがいないため、実践面では自分を頼る以外にはないということですね。上手にマクロビオティックを実践するために、必要なことについて考えて見ましょう。

まず、自分が不思議に思ったということについては、大事にしてあげることを大事にしてあげましょう。また、これについては、自分の身体での実践が疑問の追及の手段になりますので、自分の身体も大事にするようにしましょう。

そして、自分が納得して出した答えについてはしっかりと納得してあげるということです。そうしないと、いくら勉強をしたところで、自分の考えているところとギャップが生じたときには、それがストレスとなってしまうからです。

そうなると、当然こういったことをたくさん積み重ねていくということによって、自分だけのマクロビオティックの理論が完成していくと言った感じですね。そして、このマクロビオティックですが、失敗するのは当たり前と言う風に思っておいてください。

むしろ、最初から成功する人なんていうのは絶対にいませんから。自分のペースと学習方法をしっかりと守って、少しずつ上達していきましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) マクロビオティックを学ぼう! All Rights Reserved