INFOMATION
マクロビオティックの理論
マクロビオティックの独学のポイント
マクロビオティック実践法
マクロビオティックQ&A

マクロビオティックを学ぼう!

マクロビオティック実践法

実践上の留意点

マクロビオティックにおける、実践上の留意点について調べてみることにしました。これについては、一日の間で50回以上噛む、身体にいいものであってもたくさん食べない、運動をする、水分を摂り過ぎないといったことが挙げられます。

まず、マクロビオティックにおいては、よく噛むということが非常に重要視されています。よく噛んであげることによって、顎や歯が鍛えられると共に、食べ物が細かくなり、唾液と交じり合うことで、胃で消化されやすいと言った形になります。

胃に負担をかけないようにして、内臓を元気に保つということは、健康に生きるためにはとっても重要なことなのです。よく噛まないと、消化をほとんど胃に任せることになってしまい、当然負担もかかることになります。

ですから、よく噛むようにしましょう。そうすることによって、便もたくさん出るようになることでしょう。そして、食べ過ぎないということについては、何事も行き過ぎは良くない、ということですので、どんなに身体にいいとされているものでも、腹八分にとどめるようにしてみてください。

質においても、量においても程よい感じでいることができれば、何を食べても健康でいられると言う考えが、マクロビオティックにはあるわけです。

そして、運度については、適度な付加を与える、掃除をたくさんしてみたりなどといったことでいいので、身体を動かしましょう。そして、水分は控えた方がいいということです。水については、喉がかわいているなら飲むと言った感じで十分ですね。

スポンサードリンク

Copyright (C) マクロビオティックを学ぼう! All Rights Reserved