INFOMATION
マクロビオティックの理論
マクロビオティックの独学のポイント
マクロビオティック実践法
マクロビオティックQ&A

マクロビオティックを学ぼう!

マクロビオティックQ&A

人付き合いに支障はない?

マクロビオティックを始めることによって、どうしても乳製品であったり、肉や白砂糖といった食材を敬遠したくなりますよね。そんな状況で、会社の食事会などに行ったときには、周りとの接触という部分で支障が生じてくるかと思われます。

しかし、実際のところはマクロビオティックをやっているからといっても、動物性のものを食べてはいけないということはありません。特に食べても問題はないとされているのです。

健康が確立されるのであれば、ご馳走を食べたりすることに対してはびくともすることはありません。その健康を確立するというための道筋を作るのがマクロビオティックということになります。

マクロビオティックをやっていれば、人付き合いでたまに好きなものを食べたとしても、健康が崩れないということになりますね。しかし、マクロビオティックは、始めたばかりの状態だと、健康を確保できていないという場合には、食品を食べなくても平気でいられるようになるまでになったとしても、少し肉を食べたことが原因で元に戻ってしまうという恐れがあるわけです。

そんなわけで、実際のところ、好きなものを食べても精神を乱さないといった自信がないのであれば、マクロビオティックの理念に沿ったような食べ物を選んで注文するというのが最も適当なものなのではないかと思われます。

それに、別にマクロビオティックをやっているという風に周りに対して宣言することは悪いことではありませんよね。むしろ堂々と宣言してあげましょう。結論的には、マクロビオティックが人間関係に支障をきたすといったことはありません。

スポンサードリンク

Copyright (C) マクロビオティックを学ぼう! All Rights Reserved