INFOMATION
マクロビオティックの理論
マクロビオティックの独学のポイント
マクロビオティック実践法
マクロビオティックQ&A

マクロビオティックを学ぼう!

マクロビオティックの理論

肉が好ましくない理由

マクロビオティックの考え方において、肉が好ましくない理由は何なのでしょうか。基本的に、人間は陽性なので、陰性である食物から食べ物を摂るというのが最も適しているといいうことです。

また、肉については、薬類によって汚染されているものが多いことから、癌にもなりやすいという特長がありますので、出来れば避けたいところですね。ひとつずつ見ていきますと、人間は陽性であるということから、全ての動物の母とも呼べる存在である、陰性の食物を摂るということは非常に大切なことになります。

こうすることによって、陰陽のバランスをしっかりとキープすることが出来ますので、もっとも幸せに生活することが出来るといったものです。また、化学物質によって汚染されていると言うことも問題になっています。

基本的には、鶏肉や豚肉、バターチーズなどといった食品については、科学的に生産されているようなものばかりですから、やめておいたほうがいい。また、新鮮な魚介類であったり、野鳥であれば、科学的な汚染は少ないので、たまには食べてもいいということなのです。

そして、最も大きな理由のひとつになるのが、癌になりやすいということです。これは、科学的に注目されてきていることです。肉類を今すぐやめると癌にならないと言うことはありませんが、食べ続けていると癌になるといった可能性は完全に無視できるようなものではありませんね。これらのことから、肉は食べないほうがいいということがいえるわけです。

スポンサードリンク

Copyright (C) マクロビオティックを学ぼう! All Rights Reserved